「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す精神
自律神経失調症と診断されました。どのように接してあげればいいでしょうか。

チワワ | 5歳1カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の自律神経失調症は症状がさまざまです。他の病気と勘違いしたり、少し調子が悪いのかなと思って見逃してしまいがちになります。 その上、今のところ原因が不明で根本的な治療ができません。ですから、症状を悪化させないために、飼い主さんの観察とケアが大変重要です。 症状としては、元気がない、食欲不振、便秘、食後の嘔吐、涙の分泌減少とドライアイ、唾液の分泌減少と口臭の悪化、散瞳(瞳孔が開きっぱなし)、瞬膜の露出、腹部の膨張、食道アカラシア、徐脈などが確認されています。 家で涙の分泌が減少してドライアイになっている場合は、点眼、瞬膜が露出していれば、洗浄、食道アカラシアで食後に嘔吐してしまう場合は、食器をやや高い場所においてごはんを食べさせる、食欲不振で脱水ぎみの場合は、輸液や強制給餌などが必要となってきます。 獣医師と相談の上、早めの対応を心がけてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

病名・症状データベースの「チワワ」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。