「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
11歳のキャバリアです。アレルギーを持ち、ストルバイト尿と診断されました。尿に関して今後どのようなケアをしていったらいいですか。

キャバリア | 10歳8カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

顕微鏡でしか見えないような微細な結晶のストルバイトが尿中に出ているだけでは、病的な状態とはいえません。肉眼で見えるような粒の状態になって、膀胱炎や血尿が出た場合に治療を始めます。この場合は、薬剤による膀胱炎の治療と、尿中のストルバイトを溶かすために成分調整されたフードを与えます。治療後、症状が落ち着いたら、膀胱炎を再発させないように下部泌尿器にために成分調整され食事を続けていくことになります。 微細なストルバイト結晶が尿中に見つかった時点で、膀胱炎や血尿の予防のために成分調整され食事を与えることもあります。ご相談者様の愛犬は、アレルギーを持っているということでしたね。現在はアレルギー食を食べているのではないでしょうか。食事を泌尿器用に変えることができなければ、水分を十分にとらせ、おしっこを我慢させることがないように気をつけてあげることが大切です。また、尿の回数や量、色などを日頃から観察し、変化が現れたらすぐに獣医師に相談してください。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。