「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す足・歩き方・座り方の異常、症状びっこを引いて歩く
今朝、寒い時間に散歩させていたら、左後ろ脚がびっこになってしまいました。気温と関係がありますか。

ブルドッグ | 3歳1カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

寒いと体の血流が悪くなり、筋肉を硬くしてしまいます。このような状態のまま急に運動をすると関節などに負担がかかり、脚を痛めることもあります。 寒い時期はお散歩へ行く前に体をほぐす準備運動をしてみてはいかがでしょうか。背骨に沿ってマッサージをしたり、関節を軽く曲げ伸ばしするストレッチをしましょう。体に触られるのを好まない犬は室内で少し歩かせたり、トイレをさせたりして体を温めてあげてくださいね。 しかし、後ろ脚にびっこの症状が出る原因は、その他にいくつも考えられます。皮膚炎、打撲、骨折、脱臼…。びっこが長引いたり、繰り返し出るようでしたら、動物病院で相談してくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

病名・症状データベースの「ブルドッグ」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。