「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状身体をよくなめる
右後足先をよく舐めます。下腹部も赤くなっているようです。

T.プードル | 0歳10カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬が同じところばかり舐めたがる理由として以下のようなことが考えられます。 ・皮膚への刺激 感染による皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、怪我、痛みといった何らかの刺激が皮膚に加わり、ペロペロと舐めているうちにやめられなくなってしまうことがあります。 ・ストレス グルーミングは犬の正常な行動ですが、犬は不安を感じると解消するために体を過剰に舐め始めることがあります。運動量が少ない、留守番の時間が長い、同居犬との折り合いが悪いなど、愛犬にとってストレスになるようなことはないでしょうか。 ご相談者様の愛犬は右後足先だけではなく、下腹部にも症状が出ているようですので、まずは、アレルギーや感染症の心配がないか動物病院で相談されてはいかがでしょうか。 ストレスが原因と考えられるならば、問題を取り除き、愛犬が足先や下腹部を舐め始めたら、遊びに誘うなどして、気をそらしてあげてみてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。