「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状元気がない
9歳です。急におとなしくなりました。どのような原因が考えられますか。

柴 | 9歳1カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬が急におとなしくなった、または普段より元気がないということは、あらゆる病気や怪我に共通するサインです。また、精神的に不安定なときにもおとなしくなることがあります。 おとなしいだけではなく、好きなものを与えても食べようとしない、散歩に行きたがらない、呼吸が早い、 反応が鈍い、動くことを嫌がる、熱っぽい等の症状が見られるようでしたら動物病院で診察を受けましょう。 他の症状が見られなければ、痛がる箇所がないか体を触ったり、皮膚や粘膜の色に異常はないか確認してみてください。 精神的な原因としては、引越しや旅行、長距離の移動、見知らぬ人との接触、一匹での長時間のお留守番、花火、雷などの環境の変化などが考えられます。 9歳というさまざまな病気が発症しやすくなる年齢も考慮して、はっきりとした原因が分からない場合は、やはり速やかに動物病院で診察を受けることをおすすめします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。