「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ食事餌を食べない・残す
ドッグフードを全く食べません。鶏肉や好きなジャーキーは食べます。

ミニチュアダックス | 5歳9カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ドッグフードの選び方は成長期用、成犬用、シニア犬用など年齢が合っていて、腎臓病、肝臓病、心臓病、皮膚病、消化器疾患、尿結石などの持病があればその病気に適する成分であり、総合栄養食で、下痢や軟便、便秘にならないなどその犬の体にあったものが理想です。犬のコンディションにあったものであれば1種類のフードを食べ続けても大丈夫なのです。おいしいおやつや味付けの濃いフードを与えていると、本来主食となるべき普通のフードをなかなか食べてくれなくなります。一度おいしいものを食べてしまうと、犬はそれが出てくるまで、頑固に待ち続けます。鶏肉はささみならよいですが、ほかの部位は肉類の中でもリンの含有量が高いので与えすぎないようにしましょう。ジャーキーも乾燥させている分ミネラル分などが凝縮されており、尿結石の原因になる可能性がありますので与える量には注意しましょう。病気によって食欲が落ちているのでなければ、いずれお腹はすくので、食べなくても一定時間(1時間から長くても2時間くらい)が過ぎたら食器をさげ、次のごはんの時間まで何も与えないようにしましょう。何種類もフードを用意しなくても、以前食べていたものを根気よく与え続けるといずれ食べるようになります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。