「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
愛犬が骨折して3回手術をしましたが治りません。大学病院をすすめられましたが悩んでいます。

トイプードル | 0歳11カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の場合、骨折をすると、特に小型犬では骨が細いためワイヤーやプレート、ピンなどで固定をしても手術終了時はとてもうまくいったのに動いてしまって骨がうまくつかないということがたまにあります。術後のケージレストなどを心がけても、骨折した部位を何度も動かしてしまったり退院後自宅でソファーから飛び降りたりして再手術になる例は時々あります。このような場合、骨と骨の距離が空いてしまったり、ピンが入っていた部分がくずれたりして、だんだん一般の動物病院では手術が難しくなってしまいます。熟練した獣医師と設備の整った大学病院での手術が適応となるケースもあるかもしれません。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。