「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ留守番/分離不安
7カ月の愛犬がお留守番中に自分のベッドやおもちゃを破壊してしまいます。どうすればいいのでしょうか。

ミニチュアダックス | 0歳7カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

まず、1頭だけで長時間のお留守番は犬にとってとても過酷なことを強いてしまっていること理解してあげてください。犬はもともと社会性の豊かな動物です。特に子犬は親犬や兄弟犬と過ごしているのが一般的なので、長時間の孤独はかなりのストレスになっているはずです。そういったストレスが爆発して破壊行動をしてしまっているのだと思います。理想は、昼間に預かってくれる人がいてそこに遊び好きな他の犬がいることですが、それが無理な場合、ペットシッターを探すのも1つの方法となるでしょう。この時期はできるだけ1頭でお留守番する時間を短くしてあげるようにしてあげてくださいね。しっかりと飼い主さんと愛犬の信頼関係を築くためにも大切な期間ですよ。また、普段からしっかり遊んであげたり、運動させて、エネルギーを発散させてあげましょう。それでも長時間のお留守番は退屈や欲求不満がつのるでしょうから、お留守番の前には運動や遊ぶ時間をしっかり作り、排泄も済ませ、暇つぶしになるようなおもちゃなどを与えてから出かけるようにしましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・それ、うれしいときだけじゃない?愛犬のしぐさの意外な気持ち
  • ・何かヘン?トイレのお悩み
  • ・こっそり告白!飼い主さんの問題行動

  • ・成長を比べよう!子犬のリアル成長レポート
  • ・マッテとオアズケは違います
  • ・基本のコンプリートドリル!

  • ・後悔したくない!最後まで「愛する」ということ
  • ・\筋トレ脳トレ/おうち遊び


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。