「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ留守番/分離不安
今まで一緒に暮らしていた祖母が入院するようになってから、愛犬が粗相するようになってしまいました。これはやっぱり寂しいからなのでしょうか。

… | 8歳0カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬は、おばあさんが入院されて、極度の不安やストレス状態にあるのではないでしょうか。おそらく粗相も寂しさが原因ではないかと思われます。犬は飼い主さんが離れることによってさまざまな問題行動を起こすことがあります。なかでも特に、飼い主さんに普段からいつもくっついて行動していたような犬は飼い主さんに対して強い愛着を持っています。こういう犬は飼い主さんがいなくなることで極度の不安やストレスを抱え、これが原因となって不適切な排泄や破壊行動を起こしてしまうことがあります。これはしつけが不十分であるということではありません。犬が自分自身をコントロールできなくなってしまっているためにおこる行動です。愛犬はおばあさんがなぜ家にいないのかを人間のように理解することはできません。ですから、愛犬から不安や寂しさを取り除いてあげられるように新しい環境にゆっくり慣らしていってあげましょう。粗相をしても怒ったりせずにそっと片づけてあげましょうね。少しずつ今の状況にワンちゃんのほうが慣れてきてくれるのを待ってあげましょう。その間も、ちゃんとトイレができたらしっかり褒めてあげることを忘れずに、愛犬が安心してもとの生活を取り戻していけるように周りがそっとサポートしてあげましょうね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。