「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ留守番/分離不安
お留守番をさせていて、私が帰宅すると、ものすごく興奮状態になってしまい噛んでくることがあります。やめさせたいのですが、どうすればよいでしょうか。

シーズー | 0歳11カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬にとって長いお留守番はかなりストレスになります。ご相談者様の愛犬は、まだまだやんちゃ盛りでいっぱい遊びたい年頃なのではないでしょうか? ひとりで寂しくて退屈でイライラする気持ちは犬の噛むという行動を悪化させてしまいます。もともと犬は遊びの一環で噛むという行動をします。これは犬ならば当たり前の行動です。ただし、噛む対象が人間になってしまうことはダメなんだよと、教えてあげる必要がありますよね。留守番中にたまったエネルギーをうまく発散させてあげるために、帰ったらしっかり遊んであげましょう。このとき、まずはボールやひもの付いたおもちゃなどで遊ぶようにしてみてはいかがでしょうか。これは興奮で飼い主さんの手などを噛ませないようにするためです。おもちゃを見せて、おすわりなどの命令に従ってから遊びを開始しましょう。そして、手などを噛んできたら「痛い」と愛犬もびっくりするような声で言ってから、遊びを中断し、30秒ほど部屋から出て行きましょう。繰り返すことで少しずつ手を噛むと遊んでもらえないんだということを学習させましょう。それでも長時間のお留守番は退屈や欲求不満がつのるでしょうから、お留守番の前には運動や遊ぶ時間をしっかり作り、排泄も済ませ、暇つぶしになるようなおもちゃなどを与えてから出かけるようにしましょうね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

病名・症状データベースの「シーズー」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・それ、うれしいときだけじゃない?愛犬のしぐさの意外な気持ち
  • ・何かヘン?トイレのお悩み
  • ・こっそり告白!飼い主さんの問題行動

  • ・成長を比べよう!子犬のリアル成長レポート
  • ・マッテとオアズケは違います
  • ・基本のコンプリートドリル!

  • ・後悔したくない!最後まで「愛する」ということ
  • ・\筋トレ脳トレ/おうち遊び


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。