「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ噛(咬)む/舐める人や犬を噛(咬)む
愛犬は自分が嫌なことをされると噛んできます。やめさせることはできますか。

マルチーズ | 1歳4カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬がされると嫌なことというのはどのようなことでしょうか? たとえば体のどこかを触ることや、爪切り、耳掃除をすることなどでしょうか?飼い主さんに対する攻撃性はしばしば日常生活で必要なケアのために行う行為をきっかけにして起こることが多いです。嫌がる場合に無理やり行うことが犬にもストレスを与え、自己防衛のために攻撃するという行動を生み出してしまいます。小さな頃から少しずつ慣らしていくことが必要ですが、一度身についてしまった攻撃性は少し時間をかけてやめさせていく必要があります。まずは、愛犬より上にたとうとして対立しないことが大切です。愛犬が追い詰められて噛んでしまうことをますます誘発してしまいかねません。まずは、普段のゆったりした日常の中で、飼い主さんも落ち着いて時間をとれるときに穏やかな調子で愛犬に話しかけ、愛犬の体を優しくなでてあげましょう。愛犬が飼い主さんに心を許し、触らせてくれているようでしたら、ゆっくりと色々な部分もなでていきます。耳や口周り、足先、爪などはどうしても敏感な部分ですので、嫌がるようでしたら無理はしないようにしてください。少しずつ愛犬が慣れてくれるようになるまで日々行ってください。触らせてくれたら、ごほうびをあげてもいいですね。愛犬との信頼関係を深めていきましょう。愛犬が怖いことだと感じてしまわないように注意して繰り返し慣らしていきましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。