「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子犬子犬の散歩
先月からお散歩デビューしました。いつ頃からお散歩中のしつけを始めたらいいのでしょうか。

ミックス | 0歳5カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

やはり、お散歩に慣れてきたら早めにしつけ・トレーニングは始めるのがいいと思います。あまり、あれもこれもと気を張らずに飼い主さんと愛犬が楽しくお散歩できるようにしていくのがいいと思います。お散歩をするようになって、よくご相談を受ける困りごとは、お散歩中の引っ張り癖、拾い食い、他の犬や人、車などに対する吠え癖などです。これらは小さいうちからのトレーニングが大切です。特に愛犬の性格などを見極めてお散歩中のトレーニングをしていきましょう。4カ月齢前後では色々なことに触れさせながら豊かな社会化をさせていく時期ですので、お散歩はとても大切なイベントになります。お散歩中に怖い経験や自分勝手な行動をさせていると、成犬になってからの矯正が難しくなることがありますので注意してくださいね。怖がりな子でなければ、他の犬や、人との触れ合いを少しずつ経験させながら、お散歩してみましょう。怖がりなタイプの子はおとなしくて優しい犬で慣れさせたり、人に触れさせる前に相手に愛犬の性質を伝えましょう。散歩中に、愛犬が飼い主さんの号令に耳を傾けてくれるようにトレーニングすることが大切です。家の中ではできても、外では興奮してしまってできないことはよくあります。小さいうちからしっかりとトレーニングしていきましょう。一番大切なのは愛犬と飼い主さんのしっかりとした信頼関係です。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。