「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
混合ワクチンはいつまで摂取する必要がありますか。

 キャバリアキングチャールズスパニエル | 9歳0カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

混合ワクチンは基本的に一年に1回接種してあげるものになります。高齢だからもういいのでは? と考えるのではなく、高齢だからこそ、予防をしっかりしてあげる必要があると考えていただくといいかもしれません。ただし、ワクチンは接種すれば体がだるくなったり、熱が出たりすることがありますよね。体の免疫系が活発になるからなのですが、高齢で持病があるような犬はこの反応が体に与えるダメージが病気を予防するメリットを得ること以上に大きくなってしまうことがあるので、混合ワクチンに含まれる種類の少ないものなどに変更されることがあります。犬の生活スタイルや周囲の環境などによっては考慮しなければならない病気も違ってくることがありますので、何種のワクチンを接種するのかは、かかりつけの動物病院で獣医師とよく相談して決めましょう。その他、激しいワクチンアレルギーを発現してしまう犬、自己免疫疾患を患っている犬は混合ワクチンの接種によって重大な副作用が生じる可能性があるので、必ず獣医師の指示を守るようにしてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。