「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
10歳になるビーグルを飼っています。肝臓が悪いと言われていてお薬を毎日飲んでいます。それから4カ月に一度の超音波検査とレントゲン検査を行っていますが、これらは必要なのでしょうか。

ビーグル | 10歳0カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

実際にご相談者様の愛犬を確認することができないので詳細を把握することは難しいのですが、一過性の肝障害などでなければ、肝臓の疾患は愛犬の体調に変化がないようにみえても進行してしまうものもあります。これは肝臓が沈黙の臓器と呼ばれる理由です。レントゲンや超音波検査を実施している理由としては色々考えられますが、検査内容などにわからないことがあれば、かかりつけの獣医師に確認してみてもいいと思いますよ。動物病院の先生もきちんと飼い主さんとお互い納得した上で、診断・治療を進めていく必要がありますので、分からないことや希望などがあればしっかりと伝えてみてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

病名・症状データベースの「ビーグル」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。