「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ噛(咬)む/舐める噛(咬)み癖
かまってほしくて噛んできます。色々なものを噛んで、破壊しているほど噛み癖がひどく困っています。

柴 | 0歳7カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

噛み癖はやめさせるのではなく、何を噛んでよいのかを教えてあげるようにしましょう。それと同時に遊ぶタイミングについても考えてみてください。 スリッパや家具など手当たり次第噛んでしまうようなら、噛みたい欲求が満たされていないのかもしれません。犬にとって噛むということは自然な行動ですので、噛んでもいい専用のおもちゃを用意して欲求を満たしてあげましょう。スリッパや家具を噛んでも、過剰に怒らずに取り上げます。愛犬をサークルやクレートに入れて、おとなしくなるまで無視して待ちます。おとなしくなったら、飼い主さんから噛んでもよいおもちゃで遊びに誘ってくださいね。 飼い主さんの手を噛んできたら、やはり、過剰に怒らずに無視しましょう。噛むことは遊びではないことを教えてあげます。愛犬の興奮がおさまったら、噛んでよいおもちゃで遊んであげましょう。 このようなことを繰り返しているうちに愛犬は、おとなしくしていれば、遊んでもらえることを覚え、噛んでよいおもちゃで遊ぶようになってきます。 成長過程の子犬は、いろいろなものを噛んで飼い主さんの反応をみていることがあります。騒がず冷静に接してあげてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。