「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ噛(咬)む/舐める噛(咬)み癖
4カ月の柴犬です。飼育を始めたときから噛む癖が直りません。

柴 | 0歳4カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

噛むという行動は犬、特に子犬にとっては自然な行動です。ですから、噛み癖はやめさせるのではなく、何を噛んでよいのかを、犬に教えてあげるようにしましょう。 ご相談者様の愛犬は何を噛むのが好きなのでしょうか。 人の手を噛むのが好きなら、噛むことによって飼い主さんと遊んでいると思っているかもしれませんね。この場合、飼い主さんは噛まれても我慢して無視をしてください。静かに立ち去り、飼い主さんとの遊びが終わってしまうことを教えてあげましょう。 スリッパや家具など手当たり次第噛んでしまうようなら、噛みたい欲求が満たされていないのかもしれません。初めに述べたとおり、子犬にとって噛むということは自然な行動です。 噛んでもいい専用のおもちゃを用意して欲求を満たしてあげましょう。スリッパや家具を噛んでも過剰に怒らずに片づけて、噛んでもいいおもちゃで遊べたときはたくさん褒めてあげてください。犬は、おもちゃで遊べば褒めてもらえるということを覚えていきます。 4カ月の子犬は、まだまだ成長の途中です。いろいろなものを噛んで飼い主さんの反応をみていることもあります。この時期に、噛んでもいいものと噛んではいけないものをしっかり教えてあげてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・年代別解説 毎日/毎月のwチェックで健康を守ろう
  • ・冬でも危険!? ノミ・ダニのいない部屋作り
  • ・2018年は祝★戌年!

  • ・愛犬のお留守番
  • ・愛犬のポカポカ冬支度

  • ・多頭飼いで幸せになる人、不幸になる人
  • ・「免疫力」を引き出す 役立つ4つの習慣


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。