「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ噛(咬)む/舐める甘噛み
2カ月の子犬です。甘噛みを直すにはどうしたらいいでしょうか。

ミックス | 0歳2カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

噛むという行動は犬、特に子犬にとっては自然な行動です。子犬期は甘噛みをしながら、飼い主さんの反応をみて噛んでもいいものと噛んではいけないものを覚える時期でもあります。ですから、甘噛みをやめさせるのではなく、何を噛んでいいのかを教えてあげるようにしましょう。 愛犬に手や足を噛まれると、つい大きな声を出したり、手足をバタバタさせたりしていませんか。愛犬は噛むことによって飼い主さんと遊んでいると勘違いしているかもしれませんね。少し痛くても無視してください。愛犬が噛んできたら、静かに立ち去り、飼い主さんとの遊びが終わってしまうことを教えてあげましょう。 遊びたい欲求や噛みたい欲求が満たされていないようでしたら、静かになってから、噛んでもいい専用のおもちゃを用意して遊んであげましょう。おもちゃで遊べたときは、当たり前という態度を取らず、たくさん褒めてあげてくださいね。少しずつ「手を噛んだら楽しみが終わる」、「おもちゃで遊んだら嬉しいことがある」と覚えていくでしょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。