「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ成犬のしつけ
1歳のポメラニアンです。これからでもしつけができますか。

ポメラニアン | 1歳1カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

しつけをお考えということは、愛犬が問題となる行動をするということでしょうか。 子犬の頃、特に生後3週齢〜12週齢はさまざまなことに柔軟に慣れる時期ですので、この頃から始めればスムーズにしつけることができるといわれています。しかし、犬のしつけはどの年齢からでも始められます。 成犬をしつけるには、今、問題になっている行動を消去することが大切です。その方法の一つとして、無視をすることが有効なことがあります。 今まで、ごほうびや飼い主さんの反応で強化されてきた愛犬の行動は、ごほうびが無くなった、あるいは飼い主さんの反応が無くなってきた場合に、次第に弱まり消去に近づいていきます。 愛犬が、どうして問題行動をするようになってしまったのか考えてみましょう。 吠えたらおやつをあげていた→とにかく無視する。 トイレに失敗したら大声を上げていた→静かに片づける。 など、思い当たることから始めてみてください。 愛犬の行動が変わり、正しいことをしたときには優しく褒めてあげてくださいね。 無視を続けるのは、簡単なことではありません。 「今まで自分たちのどんな反応がごほうびになってしまっていたのか?」 などを家族皆さんで話し合い協力しながら、実践してみてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。