「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
17歳の老犬です。フェノバールを処方されていますが、夜寝てくれません。増量してもらうほうがいいでしょうか。

ミックス | 17歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

フェノバールのような向神経薬の使用量を変えるのは獣医師の診察が必要となります。それに、フェノバールは催眠作用が非常に強い薬で、重い副作用が現われることもありますので、増量は慎重に行わなければなりません。愛犬の様子を詳しく観察して、獣医師と相談してください。 また、夜間に寝かせるためには、犬に夜と昼の区別をつけてあげることも大切です。 昼間は、こまめに声をかけて寝かさないようにし、構って刺激を与えるようにしましょう。日光浴も体内時計を正常に戻し、夜寝るための助けとなることがあります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬にとってあなたは何タイプ?
  • ・愛犬の病気にかかった「治療費」白書
  • ・健康でも与える?犬のサプリメント

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・愛犬になりきり「犬目線の一日」
  • ・はじめて「ひとり遊び・かくれんぼ」

  • ・犬と暮らしたら人生が変わった!
  • ・いぬのきもち手作り部
  • ・犬の現代病「肥満」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。