「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方多頭飼い
2カ月齢の子犬を迎えたら、6歳のミニチュアダックスフンドが、吠え続けています。

ミニチュアダックスフンド | 6歳0カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

環境の変化を好まなかったり、攻撃的な性格の犬は、新しい子犬をスムーズに受け入れられない場合があります。新しい子犬を侵入者として見なし、自分のテリトリーを守ろうとして吠え続けます。そのうちストレスがたまり、家族にも吠えようになることがあります。 このような場合は、先住犬と子犬の距離を離して様子を見ましょう。 散歩や遊びは無理に一緒にさせずに、1頭ずつと過ごす時間を作るようにしましょう。 食事やトイレの場所も分けて、6歳のダックスちゃんを安心させてあげましょう。 また、ご相談者様とダックスちゃんの関係も見直してみてください。家の中で自分のテリトリーを主張するということは、犬が家族のリーダーとなっていることが多いようです。飼い主さんが主、ダックスちゃんは従という関係を明確にしておきましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。