「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
アレルギーがあり、低アレルギー食を与えています。アレルギー検査にはどういうものがありますか。

柴 | 1歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

検査機関によって検査方法や判定できるアレルゲンが異なります。 現在、最もよく行われているのは、血中に含まれるIgEを調べる方法です。IgEは免疫グロブリンの一つで、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を調べるための基本となる検査です。もう一つ、リンパ球反応検査があります。IgE検査ではわからないアレルギー反応を調べます。犬の食物アレルギーの症状は、リンパ球によるアレルギー反応がかかわっていることが多く、こちらを実施する検査機関も増えています。 どちらの検査も動物病院で採血した後、専門の検査機関で判定します。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。