「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方食事ドッグフードの選び方
1歳2カ月になりますが、飼育当初から、ひどく痒がります。今後、どのような食事を与えていけばいいでしょうか。

ミックス | 1歳3カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

痒がっている愛犬を見守っているのは辛いですね。 皮膚に炎症やかゆみがおきやすい犬は、皮膚のバリア機能が弱いことが多いようです。健康な皮膚のバリア機能を保つには、脂肪酸(ω3系、ω6系)とアミノ酸を十分に含むタンパク質、それらの代謝に必要なビタミンとミネラルをバランスよく食事から摂取することが大切です。 また、皮膚のかゆみが強い犬は低アレルギー食を食べると症状が落ち着くことがあります。 低アレルギー食でも、アレルゲンになりにくいタンパク質だけを配合したフードから、タンパク質を使用せず、アミノ酸を配合したフードまでいろいろあります。 愛犬の皮膚の状態を動物病院で相談の上、フードを選んでくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。