「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方発情期・生理発情出血の後
2カ月前に発情があり、出血は止まっていますが、陰部の腫れが引かず、においも気になります。

ミニチュアダックス | 0歳11カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬は10カ月ですね。今回が初めての発情でしょうか。 犬の発情は、以下のような順番で経過していきます。 透明なおりものが出る→少し血が混じってピンク色のおりものになる→真っ赤な血の色になる→陰部が柔らかく大きくなりながら出血が続く→陰部は腫れたまま血が減ってピンク色のおりものになる→何も出ないがまだ陰部は腫れている→陰部の腫れがなくなって元に戻る 陰部の腫れは最後まで見られるわけです。透明なおりものが出始めてから陰部の腫れがなくなるまでに、2週間から1カ月間かかります。2カ月間近く陰部が腫れていることになると、少し長くて心配ですね。初めての発情ですと、ホルモンが不安定で期間が延長したり、短縮することがあります。しかし、においも気になるということでしたら、陰部の炎症も考えられます。陰部の腫れや出血が気になって舐め続けたり、擦ったりしているうちに細菌感染をおこすことがあるのです。一度、動物病院で相談してみてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。