「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子犬子犬の食事
3カ月のトイプードルです。現在、フードをふやかして、粉ミルクを与えています。ドライフードへの切り替え時期と方法について教えてください。

T.プードル | 0歳3カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

3カ月になると乳歯が生えそろい、ドライフードを硬いまましっかり食べられる子犬も少なくありません。ただ、食事は好みも関係してくるので、柔らかいフードが好きな子犬はなかなか硬いフードを食べたがりません。また、柔らかいフードにお腹の調子が慣らされているため、急に硬いフードにすると、軟便になったり、吐いたりすることがあります。そのため、フードを切り替えるときは柔らかいフードを少しずつ減らし、硬いフードをその分だけ多く混ぜていくようにします。7日〜10日くらいかけてゆっくり慣らしていくと、お腹の調子を維持しながら切り替えられることが多いです。硬いフードが増えていくと水分は別に取らなければいけませんので、水分も十分に取れるように注意してくださいね。 粉ミルクについては、今、愛犬が食べている食事が「子犬用・総合栄養食」という表示があれば必要ありません。総合栄養食とは「主食としてペットフードと水だけで、犬の健康維持や成長に必要な栄養素を過不足なく摂取できることが確認されたフード」です。ペットフード公正取引協議会の定める分析試験、または給与試験の結果評価基準を満たしています。ですから、総合栄養食を適量食べられていれば、栄養は十分に取れていて、ミルクは与えなくていいわけです。ミルクも愛犬の様子を見ながら徐々に減らしていってくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・サーモグラフィーで科学的に熱中症リスクを軽減!
  • ・飲み水 どんな?どれくらい?
  • ・魔法の指示「オイデ」を極める
  • ・真夏の夜の奇妙な犬のはなし…

  • ・子犬リアルレポート! こんなに成長!
  • ・夏こそシャンプーは地肌洗い!
  • ・ドリル 社会化しつけって?

  • ・人助け、笑顔、パートナー、人と共に歩む犬
  • ・“○○”しつけ効きません!!に処方箋
  • ・すきま風が!? 愛犬との愛大丈夫?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。