「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
15歳のミニチュアダックスフンドです。混合ワクチンを受けるか迷っています。

ミニチュアダックス | 10歳4カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

高齢の愛犬に混合ワクチンが負担になるのではないかと心配されているのですね。 高齢犬にワクチンを接種すべきかどうかは獣医師によっても考えはさまざまです。 混合ワクチン接種は義務ではないので、最終的に判断するのは飼い主さんとなりますが、参考として狂犬病ワクチンの例をあげておきます。 狂犬病ワクチンは、老齢や病気のために予防接種することが逆に危険と判断された場合は、獣医師の証明があれば免除されます。 狂犬病のワクチンよりも、体への負担が大きいのが混合ワクチンです。 もちろん接種しないということは病気の感染リスクが上がります。犬の多い所や人の多い所、感染源となる他の犬の排泄物がある草むらなどに行くのを注意しなくてはならなくなります。 結局、接種するのも不安、接種しないのも不安…となってしまいますね。犬によって健康状態や生活環境に違いがありますので、「どちらのリスクがこの子にとっては高いか?」ということをよく考え、かかりつけの獣医師ともご相談の上、判断してくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・あなたは、どのくらい愛犬からあいされている?
  • ・冬の冷え・乾燥・暖め過ぎから守る!
  • ・戌年記念いぬのことわざ・格言カルタ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・反抗期!? どうする?
  • ・留守番のさせ方

  • ・犬の先進国の驚きのしつけとは?
  • ・プロが実感!使ってよかったGOODS


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。