「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
混合ワクチン6種と8種の違いについて教えてください。

T.プードル | 0歳3カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

6種混合ワクチンは犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬伝染性喉頭気管炎・犬パラインフルエンザ・パルボウイルス感染症・犬コロナウイルス感染症の6種類を予防できます。 以上6種のウイルス感染症に犬レプトスピラ感染症の2種(イクテロヘモラジー・カニコーラ)を追加したワクチンが8種混合ワクチンです。 6種のウイルス感染症は犬の間で広がる感染性が高い病気です。中でもジステンパーやパルボウイルス感染症は死亡率も高いことが知られています。 レプトスピラ感染症はネズミが媒介する細菌性の伝染病です。普段はネズミの体の中に潜んでいますが、ネズミが草むらや水たまりで排泄した際にその一帯を細菌で汚染し、犬や人にも感染する病気です。 接種方法は6種混合ワクチンも8種混合ワクチンも同じです。母親から初乳を介して摂取した免疫がなくなる生後1〜4カ月齢の間に2回〜3回接種します。2年目からは1年に1回の接種となります。 混合ワクチンは予防ができる感染症の数が多いほうがいいというわけではありません。 また、予防できる種類が多いワクチンの方が副作用が大きいというものでもありません。 接種前に必ず体調に異常がないか確認をして、生活環境に合ったワクチンを獣医師と相談の上お選びください。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。