「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方発情期・生理発情出血中
現在発情中ですが、1週間前より便が軟らかいようです。関係があるでしょうか。

コーギー | 0歳8カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の発情は発情前期と発情期に分けられます。発情前期は排卵前の段階で、陰部が腫れて出血がみられます。この出血は子宮粘膜が受精卵を受け入れるために増殖する過程で生じる出血です。 飼い主さんが気づく「発情中」というのはこの発情前期にあたる時期が多いと思われます。つまり発情中の犬の体は、とても不安定な状態です。 発情期になると出血や陰部の腫れは治まってきますが、体が「妊娠できる状態」になるためにホルモンバランスが変化し、ストレスを感じやすくなりますから、神経質になってしまうこともあります。 発情前期から発情期を通して、多くの犬が「落ち着かない」「食欲がない」「不安そう」「排尿回数が増える」「便が軟らかくなる」など普段と違った様子を見せます。 このように発情中に便が軟らかくなることは度々見られますが、長期間続くようでしたら、動物病院で診察を受けることをおすすめします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

病名・症状データベースの「コーギー」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。