「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


いぬ図鑑:ボーダー・コリーの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ボーダー・コリー

ぼーだー・こりー

  • 中型犬(体重14 〜 22kg)
  • 長毛(ロングコート)
  • 牧畜犬

歴史History

8世紀後半から11世紀にかけて、バイキングがスカンジナビア半島からイギリスへ持ち込んだトナカイ用の牧畜犬が、ボーダーコリーのルーツになったと考えられています。その後、イギリス在来犬種と交配を重ねる中で、牧羊犬としてイギリスの羊毛生産を支える重要な役割を果たしました。一部はオーストラリアやニュージーランドに持ち込まれ、イギリスと同じく牧羊犬に用いられています。原産地がイングランドとスコットランド、イングランドとウェールズの国境(ボーダー)地域であることから、ボーダーコリーと呼ばれています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

体高より体長のほうがやや長く、しっかりした骨格の体型です。優雅さと俊敏さ、それに並外れたスタミナを備えており、しっかり地面を踏みしめながら歩く様子は軽快で力強く、持久力に富んでいます。走行中でも瞬時にその速度や方向を変えることができ、長時間の作業後でも機敏な動きができることが、優れたボーダーコリーの証しと言われています。見知らぬ人に対しては一線を引いているようで、あまり自分から近づいていこうとはしない傾向も。聡明で、適度な警戒心があり、なおかつ知的好奇心に溢れた犬種です。賢い犬としても知られており、元ワッフォード大学の心理学者ジョン・ピリー氏の愛犬チェイサーは、1000以上の単語の意味をマスターしたと発表されています。

毛質

被毛にはスムース(短く真直な毛質)とラフ(長く粗い毛質)の2種類があり、スムースタイプは全体的に短く、ラフタイプはでわずかにウェーブがかかっています。

毛色

一般的に多い毛柄は、ブラック&ホワイトのロングコート。ブラック&ホワイト以外の毛色では、ブルー&ホワイト、チョコ&ホワイト、あるいはレッド&ホワイト、といった毛色のボーダーコリーがいます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
  • ■ 軽い視力障害や眼内出血、網膜はく離により失明する場合もある遺伝性の眼の異常「コリーアイ異常」
  • ■ 運動障害、知的障害、視力障害などの症状が起きる遺伝性の病気「セロイドリポフスチン症(CL症)」
  • ■ 前足にある肘関節がうまく連結しないことが原因で骨や軟骨に炎症を起こす「肘関節異形性」
  • ■ シルバーグレー・チャコールグレー・グレー・ライトグレー・シルバーなどの特定の毛色のコリーに発生する遺伝性の血液の病気。発熱、結膜炎、食欲の減退、関節痛、呼吸不全、下痢などが見られるようになる。「グレーコリー症候群」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・やさしく寄り添う❤絆のお世話
  • ・くつろぐ姿を\パシャ/ あごのせ犬
  • ・家庭でできる 愛犬のオシッコチェック

  • ・心がかるくなる 犬育ての手引き
  • ・はじめてしつけ 甘噛み&ひっぱりっこ

  • ・獣医師さんとの「いい関係」
  • ・犬の東洋医学 きほんの「き」


[PR]