「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:フレンチ・ブルドッグの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

フレンチ・ブルドッグ

ふれんち・ぶるどっぐ

  • 中型犬(体重8.0 〜 13.0 kg)
  • 短毛(スムースコート)
  • 愛玩犬

歴史History

フレンチブルドッグは、1860年代にブリーダーたちがイギリスの小型ブルドッグをフランスに連れてきて、テリアやパグと交配させて生まれた犬種です。もともとは労働者たちに飼われていましたが、その愛くるしい風貌が上流社会の人々や芸術家たちの間でたちまち人気となり、急速に広まっていきました。

外見の特徴・性格などFeature & Style

しっかりした骨格と筋肉質で引き締まった体。とくに首から胸にかけて幅広く、がっちりした印象を与えます。ピンと立った耳にクリクリの大きな目、そして何といっても短い鼻とマズルのしわが特徴的。そのユーモラスな表情と、愛情深く社交的な性格からみんなを惹きつけてやまないフレンチ・ブルドッグは、しばしばコマーシャルなどにも登場しています。鼻が短いため体内の熱を体外に逃がすことが苦手で、真夏の暑さは大敵。温度管理にはつねに細心の注意を払いましょう。 もともとは闘犬の血を引いているため、甘やかしたり、コミュニケーションが不足すると荒々しく攻撃的な一面が顔を出すことも。力も強いので、飼い主さんの指示に従って動けるよう、基本的な指示しつけのトレーニングが必要です。

毛質

被毛は短く、密集して生えています。光沢があり柔らかい毛質です。

毛色

フレンチ・ブルドッグの毛色は4種類あります。 フォーン…茶系の毛色。明るい茶色から、赤みがかった茶色まで、濃淡が見られます。 ブリンドル…黒ベースの毛。白や褐色の差し毛が入ることもあります。 パイド…白をベースに、フォーン(茶系)やブリンドル(黒)が入る毛色。一頭ずつ模様が異なります。 クリーム…クリーム色の単色。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 脳に水がたまってしまい、ふらつきや痙攣などの神経症状が起きる「水頭症」
  • ■ 目が飛び出ているため、角膜などに炎症を起こしやすい「眼疾患」
  • ■ 犬の皮膚に寄生する真菌(マラセチア)が増殖し、皮膚がべたつき、赤く腫れてしまう「マラセチア皮膚炎」
  • ■ 膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
  • ■ 涙が涙管からうまく排出されないために涙があふれ出て、眼の周りや鼻の脇に「涙やけ」と呼ばれる色素沈着が起きてしまう「涙流症」
  • ■ 上あごに穴が開いた状態で、食事などが困難に。授乳時には誤嚥(ごえん)による呼吸器疾患のリスクもある「口蓋裂」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・過去~未来 犬との未来予想
  • ・工場見学 ドッグフードができるまで
  • ・ようこそ! 変顔ワールドへ
  • ・愛犬のウンチで健康チェック

  • ・10組の子犬リアルレポート!
  • ・これだけはして欲しい!子犬のしつけ
  • ・ドリル 抱き方・なで方・お手入れ

  • ・今さら聞けない!! 犬の触り方
  • ・梅雨のキケン 菌の世界
  • ・すこやかシニア 20のことば


[PR]