「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:ブルドッグの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ブルドッグ

ぶるどっぐ

  • 大型犬(体重23.0 〜 25.0 kg)
  • 短毛(スムースコート)
  • 家庭犬

歴史History

もともとは18世紀頃のイギリスでブル・ベイティング(雄牛との戦いの競技)のために誕生し、闘犬として飼育されていたブルドッグ。競技が禁じられてから一時は絶滅寸前になりましたが、熱心な飼育者たちの努力によって生き残り、今は温和でやさしい性格の家庭犬に改良されました。

外見の特徴・性格などFeature & Style

体重は23.0〜25.0kgほどありますが、足が短く体高は低め。体の幅が広く、筋肉質でどっしりした体格をしています。耳は小さくて薄く、全体的に内側に折りたたまれているのが特徴です。目が離れていて、上唇があごの上に重々しく垂れ下がっている様子から、荒々しくて怖そうな印象を与えますが、愛情深く温和な性格。飼い主さんに対して誠実で、つねに愛情を求める甘えん坊で愛情深い犬種です。 もともと走る能力を求められていなかったブルドッグは、散歩や運動を面倒くさがり、一日中寝ている傾向が見られます。肥満予防のためにも適量の散歩が必要ですが、暑さに弱いため、温度管理には充分注意しなくてはなりません。

毛質

細くて短く柔らかい被毛が、皮膚に密着して生えています。

毛色

ブルドッグの毛色はさまざまですが、以下のような色があります。 単色…レッドブリンドルや、ほかのブリンドル(メインの色に、ほかの色の差し毛が 混じったもの)。そのほかレッド、フォーン(黄金色)、ファロー(淡黄色)。 ホワイトとパイド…ホワイトの毛色にレッドや、フォーン、ファローの色の組み合わせ

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 上あごに穴が開いた状態で、食事などが困難に。授乳時には誤嚥(ごえん)による呼吸器疾患のリスクもある「口蓋裂」
  • ■ 膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
  • ■ 股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
  • ■ 鼻の中の粘膜が炎症で腫れて鼻の穴が狭くなる「鼻腔狭窄(びくうきょうさく)」
  • ■ 主に下まぶたが外側にめくれた状態になってしまい、炎症などを起こす「眼瞼外反症」
  • ■ 尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができ、炎症を起こしたり排尿が困難になってしまう「尿石症」
  • ■ 鼻炎などの鼻の病気、気管が変形し炎症が起こり、咳や呼吸困難などの症状が起きる「呼吸器疾患」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・サーモグラフィーで科学的に熱中症リスクを軽減!
  • ・飲み水 どんな?どれくらい?
  • ・魔法の指示「オイデ」を極める
  • ・真夏の夜の奇妙な犬のはなし…

  • ・子犬リアルレポート! こんなに成長!
  • ・夏こそシャンプーは地肌洗い!
  • ・ドリル 社会化しつけって?

  • ・人助け、笑顔、パートナー、人と共に歩む犬
  • ・“○○”しつけ効きません!!に処方箋
  • ・すきま風が!? 愛犬との愛大丈夫?


[PR]