「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:グレート・デーンの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

グレート・デーン

ぐれーと・でーん

  • 大型犬(体重45 〜 54 kg)
  • 短毛
  • 牧畜犬、使役犬

歴史History

古代の戦争にも従軍していたモロシアン・タイプの犬種が基礎となり、グレーハウンドやアイリッシュ・ウルフハウンド、マスティフなどとの交配によって1300年ごろには完成されていたと考えられています。17世紀には、イノシシ狩りにも活躍していたため、ボア・ハウンドと呼ばれていました。ドイツ原産の犬種で、ヨーロッパでは「ドイチェン・ドッゲ(ドイツの犬の意味)」が正式名称です。

外見の特徴・性格などFeature & Style

45kg以上あり、筋肉質な体に長い首、胸底の深さ、発達した肋骨が特徴のグレートデーン。また、印象的な頭部と世界最高の記録を持つ体高(70〜81cm)から、力強い印象を与えます。優しくて愛情深く、飼い主や子どもたちにも献身的ですが、他人には内気な性格。怖いもの知らずですが、いかなる挑発にも耐えられる冷静な面もあります。子犬の時期に飼い主さんを信頼するように訓練をこなしておけば、いつも飼い主さんの足元に横たわり、合図ひとつで行動するようになります。 ストレス発散のために、毎日長時間の散歩が不可欠です。超大型サイズであるため、尻部や肘の関節炎、骨の突出といった健康上のトラブルが生じやすいので注意が必要です。

毛質

きわめて短い毛が密生しているため、なめらかで光沢があります。

毛色

毛色はフォーン(黄金色)&ブリンドル(黒ベースの毛色)、ハールクイン(白地に黒か青灰色のマーク)&ブラック、ブルーの3つの異なる種類があります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 眼のまぶたが大きく裂け、眼球が露出する「ダイヤモンドアイ」
  • ■ 網膜が正常に働かなくなる遺伝性の病気「汎進行性網膜委縮」
  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
  • ■ 大動脈弁周囲の血液の通り道が狭くなり、血液が心臓から出て行きにくくなる「大動脈弁狭窄」
  • ■ 心臓の右心房・右心室にある三尖弁が機能しなくなり、うまく血液が送れなくなる「三尖弁形成不全」
  • ■ 心臓の筋肉が弱くなり心機能が低下することで、全身に血液を送り出せなくなる「拡張型心筋症」
  • ■ ニキビダニの感染後、毛に覆われた体の至るところで炎症などが起こる「フルンケル症」
  • ■ 胃がねじれを起こしてガスや液体がたまる「胃捻転」
  • ■ ブルーの毛色部分が脱毛してしまう、遺伝性の脱毛症「カラー・ダイリューション脱毛」

グレート・デーンに関するQ&A

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・全国、熱中症体験談!
  • ・愛犬の興奮メータ、どう下げる?
  • ・犬の自由研究
  • ・お気に入り? リピーター犬

  • ・成長レポート
  • ・3大困りごと
  • ・オスワリ・オイデ・マッテ

  • ・幸せのカタチ
  • ・チャレンジ!ハンドリング


[PR]