「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:エアデール・テリアの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

エアデール・テリア

えあでーる・てりあ

  • 中型〜大型犬(体重20 〜30 kg)
  • 粗毛(剛毛)
  • 護衛犬、警察犬、狩猟犬

歴史History

17世紀ころ、イギリス・ヨークシャー地方のエア川の渓谷でオッター・ハウンド(カワウソ猟に使われる厚い毛皮の大型犬)とのカワウソ猟が盛んに行われていましたが、オッター・ハウンドと大きなテリア系の犬を交配しさらに大型化させ、数種のテリア犬種も混血し新犬種として誕生したのがエアデールテリアであると伝えられています。当時は、ウォーター・サイド・テリア、ビングリー・テリアなどと呼ばれていたようですが、1878年にはエア渓谷にちなんでエアデールテリアと命名されたそうです。 第二次世界大戦の最中には、警察犬や軍事犬としても遠征していたことでも知られています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

テリア種の中でもっとも大きな体型で知られ「キング・オブ・テリア」と呼ばれているエアデールテリア。筋肉質なうえに、丈夫な骨格を持ち、スラッと伸びた長い足は、その見た目だけでキングの貫録が十分ですが、勇敢で忍耐強く、冷静かつ堂々とした態度がさらにそのイメージを強めます。 また、好奇心旺盛で活発なので、運動や遊びが大好きな犬種としても知られています。知能の高い犬種としても名高いため、散歩だけでなく、ゲーム性のある遊びをすると喜びます。訓練やトレーニングも得意で、優れた力を発揮する犬種です。知的な犬種であるが故に、飼い主さんへも知性を求めるようなところがあるので、訓練やトレーニングでは、一貫性のある指示を出すようにするなど注意が必要です。

毛質

剛毛で、被毛の中で最も硬い部分はわずかにウェーブがかかっていたり、縮れていたりします。抜け毛は非常に少ないですが、トリミング・ナイフで全身の被毛を抜くプラッキングと呼ばれるトリミングが必要です。

毛色

全体的にタン(黒い毛色の中に茶色またはベージュが混じっている)で、胴体や首の上部、尾の表側の上端は同じブラックかグリズル(色系の毛に灰色系や赤色系の色が混ざった混合色)。前胸にわずかであれば白い被毛がある場合もあります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
  • ■ 胃がねじれを起こしてガスや液体がたまる「胃捻転」
  • ■ 心臓の筋肉が弱くなり心機能が低下することで、全身に血液を送り出せなくなる「拡張型心筋症」
  • ■ 毛穴の構造に異常がおこる「毛包形成不全」
  • ■ のどの近くにある甲状腺から甲状腺ホルモンの分泌が少なくなり、元気がなくなり、動きが鈍くなるなどの症状があらわれる「甲状腺機能低下症」
  • ■ 血液が固まる時に必要となるフォン・ウィルブランド因子(vWF)と呼ばれる血漿(けっしょう)タンパクが不足、あるいは機能が正常に働かないために出血しやすく、かつ、止血しにくくなってしまう遺伝性の出血性疾患「フォン・ヴィレブランド病」
  • ■ 角膜の中に血管が侵入し、その周囲が白く濁ってしまう「パンヌス(慢性表在性角膜炎)」
  • ■ 網膜が正常に働かくなる遺伝性の病気「汎進行性網膜萎縮」
  • ■ 毛包虫(アカラス、ニキビダニ)と呼ばれる寄生虫が皮膚に寄生することによって起き、全身性の脱毛や、かゆみ、皮膚の赤みなどの症状が現れる「全身性毛包虫症(もうほうちゅうしょう)」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・過去~未来 犬との未来予想
  • ・工場見学 ドッグフードができるまで
  • ・ようこそ! 変顔ワールドへ
  • ・愛犬のウンチで健康チェック

  • ・10組の子犬リアルレポート!
  • ・これだけはして欲しい!子犬のしつけ
  • ・ドリル 抱き方・なで方・お手入れ

  • ・今さら聞けない!! 犬の触り方
  • ・梅雨のキケン 菌の世界
  • ・すこやかシニア 20のことば


[PR]