「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

いぬ図鑑:ウェルシュ・テリアの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ウェルシュ・テリア

うぇるしゅ・てりあ

  • 小型犬(体重9 〜10 kg)
  • 粗毛(剛毛)
  • 狩猟犬

歴史History

ウェルシュテリアの歴史は古く、13世紀までさかのぼることができるといわれています。しかし、イギリス・ウェールズ地方でアナグマやカワウソ、ウサギなどの小獣猟に用いられていた1737年以前は記述や絵画などの記録が残されておらず、謎に包まれています。 祖先犬は、おそらくですが、すでに絶滅したウェールズ地方原産のブラック・アンド・タン・テリアと考えられており、かつてはオールド・イングリッシュ・テリア、ワイアーヘアード・ブラック・アンド・タン・テリアなどと呼ばれるのが一般的だったそうです。 ウェルシュテリアとしては、英国のケネルクラブに1886年に認定されたと記録されています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

「エアデール・テリアの小型版」とよく表現されますが、まさにエアデール・テリアを小さくしたような外見で、コンパクトな体型ながら、筋肉質かつ骨太で、とても活発な犬種として知られています。 性格は、ひと言でいうなら陽気で愛情深く、人を喜ばせようとお茶目な行動をするなど、その場の雰囲気をパッと明るくしてくれます。テリアの中では穏やかな性格と言われていますが、警戒心が強い面があるので、ほかの犬や動物に攻撃的になるところがあり、散歩の際には注意が必要です。また、元気いっぱいなので、リードをグイグイ引っ張りやすく、子どもだけでの散歩は要注意です。

毛質

針金のように硬いオーバーコートが、柔らかなアンダーコートを覆っています。

毛色

ブラック&タン(黒い毛色の中に茶色またはベージュが混じっている)、ブラック・グリズル(黒色系の毛に灰色系や赤色系の色が混ざった混合色)&タンが見られる毛色です。 指にブラックの線が入っていたり、飛節(かかと)より下にブラックの線がある犬も。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 被毛が薄く皮膚が傷つきやすいこと皮膚に炎症などがあらわれる「皮膚疾患」
  • ■ 耳が垂れていることで起こりやい、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」
  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
  • ■ 膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
  • ■ 余分なまつ毛が目の縁に沿って生え、これが内側に反転して目を傷つける「二重睫毛(まつげ)」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬を苦しませる!? 意外なストレス30
  • ・ドッグフードのお悩み何でも答えます!
  • ・あるある! DOG LIFE川柳

  • ・子犬に必要な さいしょの一歩
  • ・うまくいく人の「してること」「してないこと」
  • ・はじめてしつけ イタズラ・吠え

  • ・いも くり かぼちゃ 秋のほくほくおやつ
  • ・秋のスポーツ大作戦
  • ・気をつけたい犬の病気「分離不安」


[PR]