「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


いぬ図鑑:ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

うぇるしゅ・こーぎー・ぺんぶろーく

  • 中型犬(体重10 〜13 kg)
  • 中くらいの長さの直毛
  • 牧畜犬

歴史History

名前の由来は、イギリスのウェールズ地方のペンブロークシャーという地名から。農場での作業犬として使役されていたことは有名です。ウェールズ地方では、1107年には既にこの犬種の原型となる犬が牛を追う仕事をしていたと記録が残っています。しかし、それ以前の歴史については、フランドル地方(昔のフランスやベルギーにあたる地帯)の職工がウェールズに持ち込んだとも、スウェーデンの犬がこの地方に生き残ったともいわれ、諸説あります。ヘンリー2世やエリザベス女王など、イギリスの王族の手に渡り、代々愛されてきた歴史も持っています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

よく動く大きな三角の立ち耳に、笑っているような口元、好奇心あふれる大きな瞳が印象的。体つきは胴長でがっしりしており、筋肉質で丈夫な足を持っています。足が短く体高が低いのは、農場で牛をまとめる際、牛の足首を噛んで追い立てるときに有利になるよう、改良されてきたためだと言われています。ぷりぷりと揺れるかわいいおしりに短い尻尾も特徴的。この短い尻尾は、古くは牛や家畜を追う際に揺れて刺激しないように、習慣として断尾してきた結果のものですが、現在は産まれたままのふさふさした尻尾を残すブリーダーも増えてきているようです。 性格は物怖じせず、堂々としている犬が多いです。社交性があり、友好的な性格なので、迎え入れれば愉快な家族の一員になれるでしょう。一日中農場を駆け回っていた職業犬の血を引いているので、運動能力にすぐれ、物覚えも大変いいと知られています。ただ、家畜の異変を吠えて知らせていた習性が残っており、自分のテリトリーに対する保護意識も旺盛と言われているため、一般的な家庭で飼うのであれば、幼いうちから吠えないようにしつけることが重要です。遊び好きでスタミナあふれる犬種なので、毎日たくさん散歩をしたり、いろいろな場所にお出かけをして、楽しくパワーを発散させてあげましょう。

毛質

中くらいのまっすぐな毛で、硬すぎも柔らかすぎもしない適度にコシのある毛質。

毛色

赤みの強いレッドか、グラデーションのかかったセーブル(赤い毛色の毛先が黒くなっている)、フォーン(黄金色)、ブラック&タンの単色。白い斑は胸や足、首の後ろに現れることが多く、靴下をはいたように足の部分だけが白いケースもあります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 椎間板の変形や破裂で脊髄神経が圧迫されて歩けなくなる「椎間板ヘルニア」
  • ■ 股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
  • ■ 痛みを伴わず、ゆっくりと麻痺が進行する脊髄の病気「変性性脊髄症」
  • ■ 運動不足で陥りやすい「肥満」
  • ■ コラーゲンの生成異常により、皮膚が裂けやすく、異常に伸びるようになる先天性の病気「エーラス・ダンロス症候群」
  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
  • ■ 水晶体を固定している靱帯(毛様小帯)が切れ、正常な位置からずれてしまう「水晶体脱臼」
  • ■ 成長期に、関節内の軟骨部分の骨化が正常に進まずに生じてしまう「骨軟骨症」
  • ■ 肛門のまわり(会陰部)にある隙間から、おなかの中の臓器が飛び出してしまう「会陰ヘルニア」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬の大好き♥ツンデレ サイン
  • ・かゆい!? それて病気?アピール?
  • ・プロ野球選手に聞いた! 愛犬のパワー

  • ・避妊・去勢手術の決断
  • ・はじめてしつけ アイコンタクト
  • ・吠える?噛む? 犬の言い分

  • ・ケネルクラブって何?
  • ・獣医療の進化の今に迫る
  • ・最新の犬科学クイズ


[PR]