「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:ウィペットの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ウィペット

うぃぺっと

  • 中型犬(体重13kg)
  • 短毛(ショート/スムース)
  • 視覚ハウンド(視力に優れ、視力により獲物を追跡する)

歴史History

19世紀の終わりに、小型犬のグレーハウンドと、マンチェスター・テリア、ベドリントン・テリア、ホワイト・テリアなどの混血として誕生しました。その目的は、ウサギなどの小動物を狩るためで、噛む力が強いので最初は「スナップ・ドッグ(かみつき犬)」とも呼ばれていたようです。その後、走る姿がまるで、鞭で打たれて走る馬のように見えることから、ウィペット(=鞭犬)と名付けられたといわれています。一時期は、イギリスのダーハムやニューカッスルなどの鉱山地帯で競争犬として活躍していました。

外見の特徴・性格などFeature & Style

しばしばイタリアン・グレーハウンド(イタグレ)と比較されますが、ウィペットのほうが体が大きく、骨のつき方なども異なります。力強い筋肉と、美しい姿が特徴的。背中が美しい流線型を描いています。視覚ハウンドということもありマズル・首・脚・胴・尾が長く、早く走るために生まれてきたかのような無駄のない体といえるでしょう。マズルは細いものの、噛む力は強く、目は大きくて黒色。折れ耳、先端が細い垂れ尾です。体臭がもとから少ないのでほとんど気にならならず、犬のニオイが苦手な人でも飼育できる犬種です。ただし、低アレルゲンというわけでではないので、犬アレルギーの人は注意が必要です。 性格はムラがなく順応性を備え、愛情豊かで甘えん坊。飼い主さんに忠実な行動が見られます。また、室内では穏やかに過ごし、子どもといっしょに遊ぶような優しさがあります。その一方で、見知らぬ人に対しては警戒心を抱きます。屋外やスポーツをする環境ではアクティブに行動します。

毛質

きめ細かいスムースコートで、体にぴったり添うように生えています。密生している箇所は、毎日獣毛ブラシでマッサージをするようにブラッシングをし、定期的にシャンプーすることで、美しい毛並みをキープできます。

毛色

フォーン(黄金色)、ブラック、ホワイトなどあらゆる色が見られます。色がミックスされているものも。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 水晶体を固定している靱帯(毛様小帯)が切れ、正常な位置からずれてしまう「水晶体脱臼」
  • ■ オスの睾丸が陰のうに降りてこない「停留睾丸」
  • ■ 耳の周辺が脱毛して色素沈着が見られる「耳介脱毛症」
  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
  • ■ 眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることで視野が狭くなる「緑内障」
  • ■ 植物やノミなど、特定の物質に反応し、皮膚に炎症などがあらわれる「アレルギー性皮膚炎」
  • ■ 上あごに穴が開いた状態で、食事などが困難に。授乳時には誤嚥(ごえん)による呼吸器疾患のリスクもある「口蓋裂」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]