「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:イタリアン・グレーハウンドの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

イタリアン・グレーハウンド

いたりあん・ぐれーはうんど

  • 小型犬(体重2.7 〜4.5 kg)
  • 短毛(スムースコート)
  • 愛玩犬(元・狩猟犬)

歴史History

「イタグレ」という通称で親しまれるこの犬種の先祖をたどると、6000年前の古代エジプトにまでさかのぼるといわれます。今も残存する食器や花瓶に描かれていたハウンドの絵柄からは、この犬種がエジプトからギリシャを通り、紀元前5世紀ごろにイタリアまでわたってきたと推定されます。視力の良さを活かして狩りをする「視覚ハウンド」の仲間であり、大型のグレイハウンドを、歳月をかけて小型に改良してきたと考えられています。なめらかな短毛の手触りとスマートな体躯により、由緒あるヨーロッパ諸国の王族たちのファッション・アイコンとしてもてはやされ、さまざまな支配階級のコンパニオン・ドッグを務めてきました。その証拠として、ルネッサンス期を始めとした、多くの時代の巨匠の絵画の中に、この犬種の姿を認めることができます。

外見の特徴・性格などFeature & Style

薄い皮膚の下に筋肉質な体つきで、立ち姿は凛とした印象を与えます。分厚い胸は犬の中で最速で走るといわれる、狩猟犬のグレイハウンドの面影を残し、肺活量の多さをうかがわせます。先のちょこんと垂れた耳に、穏やかな表情もチャームポイント。先細りになったマズルに上品さを感じる人も多いでしょう。がっしりとした首はマズルとほぼ変わらない太さなので、抜けにくくぴったりとした首輪がおすすめです。短毛で皮膚が薄く、寒さに弱いので、冬場は服や、飼い主さんの間で「イタグレホイホイ」とも呼ばれるあたたかいベッドを用意してあげると良よいでしょう。 ウィペットなど、似た外見の狩猟犬と比べ、性格はやや内気。その分温厚で穏やかでもあり、攻撃的になることはほぼありません。情愛深いので、家族の一員としてよく家庭になじみます。興味が次々と移り変わり、集中力に欠く部分があるので、しつけはクリッカーなどを用いてみてもよいでしょう。狩猟犬の性質を残しているので、運動量は多く必要ですが、細い足で子鹿のように無邪気に走り回る姿は、心を軽やかにしてくれるはずです。

毛質

密生した短い毛が特徴的で、肌触りはとてもなめらか。抜け毛もほとんどなく、体のニオイも薄いので、お手入れはごく簡単。清潔な室内でも飼いやすい犬です。

毛色

フォーン(黄金色)、レッド、グレー、ブルー(青みがかった灰)、クリーム、ホワイト、ブラックなどの単色のほか、ホワイトのマーキングが入った毛色があります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 華奢な骨格で飛び跳ねるので起きやすい「骨折」
  • ■ 膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
  • ■ 眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることで視野が狭くなる「緑内障」
  • ■ 口のなかに歯垢がたまり、歯ぐきやあごの骨が炎症を起こす「歯周病」
  • ■ 脳の構造には異常がないにも関わらず、けいれん発作が突然起こる「てんかん」
  • ■ 遺伝的な脳の異常による「意識障害」
  • ■ ブルーの毛色部分が脱毛してしまう、遺伝性の脱毛症「カラー・ダイリューション脱毛」
  • ■ 足の付け根などに繰り返し同じような脱毛が起こる「パターン脱毛」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]