「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

アメリカン・コッカー・スパニエル

あめりかん・こっかー・すぱにえる

  • 中型犬(体重7 〜14 kg)
  • 中くらいの毛と長毛(ダブルコート)
  • 愛玩犬(元・鳥猟犬)

歴史History

1620年、イギリスからアメリカ合衆国に移り住む人々が、アメリカ大陸に初めてもたらしたといわれるのが、鳥を狩る仕事をしていたコッカー・スパニエル。その後上陸した、白と茶色のマールボロー系(頭部が丸くマズルが短い)と呼ばれる愛玩用のスパニエルとの交配の結果、現在のアメリカンコッカースパニエルの原型の犬が生まれたと伝えられています。イングリッシュ・コッカー・スパニエルは直接の祖先犬に当たり、1945年にアメリカン・ケネル・クラブが別犬種だと宣言するまで、同一の犬種として扱われていました。

外見の特徴・性格などFeature & Style

くるくると波打つきめ細やかな毛並みと、ふさふさの垂れ耳に大きめのパウ(足)がトレードマーク。愛嬌たっぷりのやさしい瞳が、楽しげな表情を作り、見る人の心をなごませます。「メリー・コッカー(陽気なコッカー)」という別名で呼ばれるほど、外向的で、社交的な性格です。だからといって、興奮ぎみになることも少なく、大らかで落ち着きがある犬が多いのが、家庭犬として長く人気を誇ってきた理由です。鳥猟犬らしい活発さを残しているので、お出かけやスポーツも楽しめます。愛情を持って育てれば、たくさんの人にかわいがられる犬に成長します。

毛質

絹のようになめらかでウェーブ状の被毛の犬が多く、毛は密に生えていて乱れやすいので、こまめに整えてあげましょう。被毛は、中くらいの長さの上毛と、ふさふさと豊かに生えそろう下毛の二層で構成されており、ダブルコートと呼ばれています。

毛色

黒や茶色、黄褐色の単色を基本に、タン・ポイントと呼ばれる違う色の斑のある個体もいます。また、パーティーカラーと呼ばれる2色以上の毛色や、トライカラーと呼ばれる黒・タン(黒い毛色の中に茶色またはベージュが混じっている)・白の3色の犬も。 単色のバラエティは豊かで、明るいクリームからダークレッド、チョコレートブラウンなどさまざまです。ホワイトの毛色を含む犬の場合、マズルから頭頂にかけて白く、瞳の周囲にその他の色が入ることが多いです。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
  • ■ アレルギーなどにより、フケが多くなる、皮膚がベタッと脂っぽくなる「脂漏症」
  • ■ 細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」
  • ■ 耳の奥にある中耳・内耳と呼ばれる部位に炎症が起こる「中耳炎・内耳炎」
  • ■ 心臓の筋肉が弱くなり心機能が低下することで、全身に血液を送り出せなくなる「拡張型心筋症」
  • ■ 心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がしっかりと閉まらなくなってしまう「心臓疾患(僧帽弁閉鎖不全)」
  • ■ 炎症を繰り返すことによって気管支が広がってしまい、元に戻らなくなってしまう「気管支拡張症」
  • ■ 脳の構造には異常がないにも関わらず、けいれん発作が突然起こる「てんかん」
  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]