「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:犬鉤虫症についての詳細情報です。

部位から探す > 寄生虫 >
犬鉤虫症(いぬこうちゅうしょう)

犬鉤虫症の症状と治療、予防方法

■解説
体長1~2cmの虫がおもに小腸にすみつき、重度の貧血や栄養不良を起こします。免疫力の弱い子犬やシニア犬では、命にかかわることも。感染犬の便から排出された鉤虫の卵が成虫になり、それを飲み込むことで感染します。

■治療方法
症状が軽いときは駆虫剤を投与し、腸炎の処置や栄養補給を行います。重度の貧血など、症状が重いときは、輸血を行うことも。

■予防方法
鉤虫の予防薬を使用します。また、排泄物はすばやく片づけ、犬の生活環境を清潔に。散歩中、ほかの犬の排泄物に近寄らせないよう注意しましょう。繁殖を予定しているメスの犬は、必ず交配前に体内に寄生虫がいないか検査を行い、感染していたら繁殖をあきらめるか、治療後に繁殖させましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ひと目でわかる!愛犬のカラダ出たもの・腫れたもの
  • ・どのくらい飲む? 愛犬の飲み水のコト
  • ・気象予報士の獣医さんに聞いてみた「熱中症」

  • ・最初に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才までの絆の強め方・作り方

  • ・諦めない! アノお悩みをプロ技解決!
  • ・知っておきたい犬の「腎臓病」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]