「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


犬の病気・症状データベース:臍ヘルニアについての詳細情報です。

部位から探す > その他 >
臍ヘルニア(さいへるにあ)

臍ヘルニアの症状と治療、予防方法

■解説
へその部分から腸や脂肪組織、子宮、膀胱などが飛び出す病気で、出べそも臍ヘルニアのひとつです。先天的な場合が多いですが、小さければ自然に治ることも。大きい場合には、飛び出した腸がまわりの筋肉に締めつけられ、血行が悪くなって腸が壊死することもあります。

■原因
子犬の頃の腹腔からへそに通じる穴の閉鎖が不十分な場合に、運動や妊娠、肥満などによって急な腹圧上昇がおこると発症または進行すると考えられています。

■症状
軽症の場合は、皮下に飛び出している腹腔内の脂肪組織などを、指などで押して戻せます。重症例では、腸や大量の脂肪組織が飛び出してヘルニアが大きくなったり、飛び出した組織が周りの筋肉に締め付けられて血行が悪くなって壊死することもあります。また、腹痛や便秘などの症状が見られることもあります。

■診断
ヘルニアの場所や飛び出している内容を確認します。

■治療方法
重症の場合は、飛び出した腸などの器官を手術で元に戻します。

■予防方法
予防法はありません。しかし、腸閉塞などを起こすこともあるので、自然に治らない場合は手術を検討しましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・あなたは、どのくらい愛犬からあいされている?
  • ・冬の冷え・乾燥・暖め過ぎから守る!
  • ・戌年記念いぬのことわざ・格言カルタ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・反抗期!? どうする?
  • ・留守番のさせ方

  • ・犬の先進国の驚きのしつけとは?
  • ・プロが実感!使ってよかったGOODS


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]