「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:会陰ヘルニア(オス)についての詳細情報です。

部位から探す > その他 >
会陰ヘルニア(オス)(えいんへるにあ(おす))

会陰ヘルニア(オス)の症状と治療、予防方法

■解説
会陰部(肛門の周囲)に腸や膀胱が押し出される病気で、肛門周囲の左右いずれか、あるいは両方が大きく盛り上がります。シニア犬のオスのほか、未去勢の犬、吠えグセのある犬に多い病気です。加齢でこの周辺の筋肉が衰え、排便時に圧力がかかることが原因のひとつです。放置しておくと便や尿が出にくくなることがあります。

■治療方法
飛び出した臓器を元の状態に戻し、筋肉のすき間をふさぐ手術を行います。未去勢の場合は再発しやすいため、去勢手術をすすめています。

■予防方法
去勢手術によって、会陰ヘルニアの発症率が下がります。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]