「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


犬の病気・症状データベース:子宮蓄膿症(メス)についての詳細情報です。

部位から探す > 生殖器官 >
子宮蓄膿症(メス)(しきゅうちくのうしょう(めす))

子宮蓄膿症(メス)の症状と治療、予防方法

子宮内に細菌が入って炎症を起こし、膿がたまる病気です。発情期のあとの黄体期と呼ばれる時期に多く、腹部が大きくなり、陰部から膿や血混じりの分泌物が出てきます。さらに食欲不振や嘔吐、貧血や腎不全を起こすこともあります。水をたくさん飲むようになり、尿の量も増えます。

手術で子宮を取り除きます。必要であればホルモン剤を与えるなどの内科的な治療をしたあとで、手術を行います。

不妊手術が、いちばんの予防になります。発情前に子宮を摘出すると、乳腺腫瘍などのメス特有の病気の予防にもなります。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬の大好き♥ツンデレ サイン
  • ・かゆい!? それて病気?アピール?
  • ・プロ野球選手に聞いた! 愛犬のパワー

  • ・避妊・去勢手術の決断
  • ・はじめてしつけ アイコンタクト
  • ・吠える?噛む? 犬の言い分

  • ・ケネルクラブって何?
  • ・獣医療の進化の今に迫る
  • ・最新の犬科学クイズ


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]