「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:ナルコレプシーについての詳細情報です。

部位から探す > 脳、脊髄、神経 >
ナルコレプシー(なるこれぷしー)

ナルコレプシーの症状と治療、予防方法

■解説
日中、発作的に強い眠気に襲われる睡眠障害や、楽しい興奮や喜びなどの感情に伴って、脱力から足が麻痺するなどの症状が出る病気です。先天性と後天性の両方があり、先天性のものは6カ月齢までに発症するといわれています。後天性のものは脳炎や外傷、腫瘍などによって脳幹の睡眠中枢に障害が生じた場合に起こり、高齢になってからの発生率が高いです。

■原因
突然強い眠気に襲われるという睡眠発作を特徴とする。脳内の伝達物質の異常が原因で起こると考えられている。

■症状
食事や遊びなどの刺激により興奮することが引き金となり、全身や四肢などの筋肉が突然脱力してしまうような症状をしめす。

■治療方法
症状に応じた薬を投与して治療します。

■予防方法
予防は難しいですが、犬を迎えたら早めに脳に異常がないかを検査をして、病気の早期発見を。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ひと目でわかる!愛犬のカラダ出たもの・腫れたもの
  • ・どのくらい飲む? 愛犬の飲み水のコト
  • ・気象予報士の獣医さんに聞いてみた「熱中症」

  • ・最初に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才までの絆の強め方・作り方

  • ・諦めない! アノお悩みをプロ技解決!
  • ・知っておきたい犬の「腎臓病」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]