「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:腸炎(慢性腸炎)についての詳細情報です。

部位から探す > 消化器官 >
腸炎(慢性腸炎)(ちょうえん(まんせいちょうえん))

腸炎(慢性腸炎)の症状と治療、予防方法

■解説
腸の粘膜が慢性的な炎症を起こす病気です。嘔吐と下痢のどちらか、もしくは両方が起こります。おなかが鳴る、口臭がする、よく水を飲む、尿量が増す、元気がなくなるといった症状が見られます。原因は、感染症や食物アレルギーで腸内細菌の過剰な増殖、がん、寄生虫などです。

■治療方法
腸の粘膜の炎症を抑える薬を投与します。寄生虫が原因の場合は駆虫薬を、がんの場合は抗がん剤を使用することがあります。また、食事療法も必要となります。

■予防方法
感染症などはワクチン接種で予防を。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]