「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:マラセチアによる皮膚炎についての詳細情報です。

部位から探す > 皮膚疾患 >
マラセチアによる皮膚炎(まらせちあによるひふえん)

マラセチアによる皮膚炎の症状と治療、予防方法

■解説
脂漏症などが原因で皮膚に分泌された皮脂に、マラセチアというカビの一種が感染して増殖し、皮膚に炎症を起こす病気です。マラセチアは脂っぽい皮脂や耳アカを好むため、耳に感染して外耳炎を起こすケースも多いです。

■原因
マラセチアは常在菌といってどんな犬の皮膚にもいるカビの一種です。健康な犬の皮膚では問題になりませんが、皮脂の多い体質の犬や皮膚炎があったり、栄養の偏りや加齢やストレスなどで皮膚の抵抗力が落ちて皮脂が多い状態が続くと異常に繁殖して、皮膚炎をおこしたり悪化させてしまいます。

■症状
皮膚が赤くなり、ベタベタした状態になってきます。痒みを伴ったり、独特のにおいが気になるようになることもあります。慢性化すると脱毛が進み、皮膚が黒ずんだり、皮膚が厚くなったりします。

■診断
耳垢やフケなどを顕微鏡で観察して、マラセチアを確認します。

■治療方法
原因となっている病気の治療を行うとともに、抗真菌薬などを投与します。

■予防方法
ブラッシングなどのお手入れをまめにし、清潔に保つことが予防になります。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬を苦しませる!? 意外なストレス30
  • ・ドッグフードのお悩み何でも答えます!
  • ・あるある! DOG LIFE川柳

  • ・子犬に必要な さいしょの一歩
  • ・うまくいく人の「してること」「してないこと」
  • ・はじめてしつけ イタズラ・吠え

  • ・いも くり かぼちゃ 秋のほくほくおやつ
  • ・秋のスポーツ大作戦
  • ・気をつけたい犬の病気「分離不安」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]