「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:小胞性皮膚炎についての詳細情報です。

部位から探す > 皮膚疾患 >
小胞性皮膚炎(しょうほうせいひふえん)

小胞性皮膚炎の症状と治療、予防方法

■解説
ミニチュア・シュナウザーにあらわれる特徴的な病気で、背中の中央の皮膚にブツブツ(小胞)ができます。細菌に感染して化膿し、かさぶたができることも。発症をくりかえすと徐々に毛がうすくなっていきます。

■原因
皮脂の分泌量が増えて毛穴につまって、炎症を起こして小胞を作ります。

■症状
首から腰にかけて小胞(ブツブツ)ができてきて毛が薄くなることがあります。基本的には痒みはありませんが、二次感染が起きるとカサブタが出来たり、痒みや痛みを伴うことがあります。

■診断
犬種と症状からこの病気を疑い、病理組織検査で確定します。

■なりやすい犬種
ミニチュア・シュナウザーなど

抗生物質やステロイドなどを投与して治療します。また、薬用シャンプーなどを使って皮膚を清潔に保つことで症状の発生を抑えます。

適切にシャンプーを行なって皮膚を清潔に保つことが予防につながります。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ひと目でわかる!愛犬のカラダ出たもの・腫れたもの
  • ・どのくらい飲む? 愛犬の飲み水のコト
  • ・気象予報士の獣医さんに聞いてみた「熱中症」

  • ・最初に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才までの絆の強め方・作り方

  • ・諦めない! アノお悩みをプロ技解決!
  • ・知っておきたい犬の「腎臓病」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]