「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


犬の病気・症状データベース:眼瞼内反症についての詳細情報です。

部位から探す > 目 >
眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反症の症状と治療、予防方法

まぶたが内側に向かって曲がり込む病気。まつげや被毛が角膜や結膜に当たるため、犬はその刺激を気にして前足で目をこすり、角膜炎や結膜炎になりやすいです。この病気が原因で起こる角膜炎や結膜炎は慢性化しやすく、発症を繰り返すうちに治りにくくなることが。

角膜炎や結膜炎を起こしていることが多いので、点眼薬などで治療を行います。刺激しているまつげを定期的に抜いて改善する場合もありますが、内反の程度がひどい場合は、まぶたを元に戻す手術を行うこともあります。

眼瞼内反症が原因で起こる角膜炎や結膜炎は慢性化しやすいため、子犬のころから目を気にする傾向があるなら、早めに動物病院で相談するようにしましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・やさしく寄り添う❤絆のお世話
  • ・くつろぐ姿を\パシャ/ あごのせ犬
  • ・家庭でできる 愛犬のオシッコチェック

  • ・心がかるくなる 犬育ての手引き
  • ・はじめてしつけ 甘噛み&ひっぱりっこ

  • ・獣医師さんとの「いい関係」
  • ・犬の東洋医学 きほんの「き」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]