「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の飼い方・しつけ大事典

いぬのきもち健保通信

飼い主さんが知っておきたい犬の健康について獣医師さんに聞いてみました

監修/いぬのきもち獣医師相談室

外耳炎

いぬのきもち健保通信 外耳炎

暖かくなってくる春先には外耳炎を患う犬が増えてきます

  • Q 外耳炎の原因を教えてください
  • A 主な原因としてあげられるのは、細菌感染やマラセチアというカビ感染、あるいは両方の感染です。耳の中は体のほかの部分に比べて蒸れやすく、細菌やカビが繁殖しやすい環境になっているためです。
     特にたれ耳の犬は耳の中に湿気がこもりやすいため、暖かい時期になってくると外耳炎にかかりやすいといえます。
     そのほか、耳に寄生するミミヒゼンダニという寄生虫感染や、虫や植物の種などの異物が入ってしまうことが原因になることもあります。アレルギーや腫瘍なども原因となります。
  • Q 外耳炎になるとどんな状態になりますか?
  • A 耳の中に感染や炎症が起こることにより、耳道が赤く腫れる・耳垢の量が増える・臭いが強くなるなどの症状が見られます。
     また、かゆみを伴うため耳を振ったり、後ろ足で掻こうとするなどのしぐさが見られます。ひどい場合は膿が出ることもあります。また、鼓膜に炎症が及んで鼓膜が破れてしまうこともあります。
  • Q 外耳炎になった場合、どのような治療が行われますか?
  • A まずは専用の洗浄液で耳道の洗浄を行い、耳垢を取り除きます。感染や炎症を抑えるために、抗生剤や消炎剤を含んだ点耳薬を使用します。細菌やカビの感染、炎症がひどい場合は飲み薬を使って症状を抑えていくこともあります。寄生虫が原因の場合は洗浄や点耳薬のほか、駆虫薬を使ってダニを除去します。
     軽度の場合は一週間ほどで落ち着いてきますが重度の場合は治療に数週間かかることもあります。
     最近では抗生剤などの普及により少なくなりましたが、難治性の場合、耳道切開という膿がたまらないようにする手術を行うこともあります。
  • Q 外耳炎の予防法を教えてください
  • A 耳の中を清潔に保つことが外耳炎の予防になります。耳毛のはえるプードルやシュナウザーなどは耳毛を短くし、耳の通気性をよくすることもおすすめです。
     日ごろから耳に赤みがないか、変な臭いがしないかなどを見ていくことも大切です。
     特に暖かくなってくる春先には外耳炎を患う犬が増えてきます。たれ耳の犬や外耳炎にかかったことのある犬は特に気を付けましょう。
     お手入れ方法としてはイヤークリーナーなどを使って耳垢を浮かせてから、犬が頭を振るのを確認し、そのあと耳道から耳の入り口付近に出てきた耳垢を拭き取るようにするとよいでしょう。
いぬのきもち健保通信 外耳炎

[PR]
[PR]
[PR]

[PR]