「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

いぬねこコレクション 読んでおきたい!いぬねこ漫画セレクション 〜書店コミック担当者の、これ注目!〜

続いて、榎本さんがセレクトしたねこ漫画もご紹介。さっそくランキングから見てみましょう!

◎ねこ漫画セレクション by喜久屋書店 漫画館 阿倍野店・榎本年孝さん

榎本さん’s ランキング

1位 『夏目友人帳』

緑川ゆき/白泉社 花とゆめCOMICS
[コミック誌『La La』にて連載。単行本は2013年3月時点で15巻まで発売中]

【どんな作品?】
小さい頃からときどき、妖怪の類いが見えてしまう夏目。亡き祖母であるレイコさんが勝負で負かした妖怪たちの名を集めた『友人帳』を手にしたことから、招き猫の姿を借りた妖怪「斑(まだら)」こと「ニャンコ先生」をはじめさまざまな妖怪につきまとわれることになり……。ほかの人たちには見えない存在と夏目との不思議な交流が紡がれるあやかし奇談集。

【榎本さんのツボ!!】
「猫マンガの1位が、妖怪のマンガでごめんなさい! でも、妖怪『斑』の仮の姿『ニャンコ先生』があまりにもかわいくて当店でも大人気なので、外せませんでした。ニャンコ先生の魅力は、本当はレベルの高い妖怪で美しい毛並みをもつ巨大なケモノの姿なのに、普段は常にコロンとした小さな招き猫に身をやつしているところ。そのままの姿で主人公と行動を共にするので、結果、招き猫が飛んだりはねたりしゃべったり……という前代未聞のキャラクターが誕生。

最近では公式ファンブック『ニャンコ先生友人帳』の第2弾も発売されています。本筋のストーリーには、夏目本人や友人帳、登場する妖怪それぞれの物語が明らかになっていく謎ときの要素もあり、悲しい妖怪の運命に涙を誘われたり、その切ない物語の中で人の心の温かさや悲しみにも気付かされたり……。ぐいぐい引き込まれます。未読の方は、ぜひ!」

ニャンコ先生はある理由で主人公・夏目のボディガードを買って出た妖怪なのですが、招き猫の姿を借りているために、どんなに騒いだり憎まれ口をきいても、常にスマイル顔でキュートさを醸し出しているところがなんともいえません。夏目の窮地を絶妙なところで救ってくれるカッコイイ一面も。物語は、妖怪を描きながら人を描いている……そんな奥深さを感じさせる温かくやさしい魅力あふれる作品です。

2位 『くるねこ』

くるねこ大和/エンターブレイン
[ブログ「くるねこ大和」にて連載。単行本は2013年3月時点で10巻まで発売中。ほかファンブック『くるねこ丼』や『やつがれとチビ』などのスピンオフ本も発売]

【どんな作品?】
名古屋在住の描き手くるねこ大和さんが、2006年より子猫の里親募集のために始めたブログで連載してきた猫マンガ。飼い猫やボランティアで一時預かりした猫たちとのドタバタかつ平和な日常がつづられています。

【榎本さんのツボ!!】
「巻を重ねるごとにパワーUP!著者のくるねこ大和さんは、日常生活の中で本当に猫をよく見ているな、と毎回感心しています。新しい仲間も増えて、ますます大騒ぎなくるねこ大和家。実際に猫を飼っている方は、マンガ自体も著者の姿勢にも共感できるところがたくさんあるはず!!」

こちらも前回と同様にランクイン。猫を多頭飼いしている人、里親探しなどをした経験のある人には「それ、あるある!」という視点でも楽しめるでしょうし、1匹しか飼っていなくても、また1匹も飼っていなくても、「猫って、猫どうしって、いつもそんなことするんだ!?」というトリビア的な発見があふれていて楽しめますよ。

3位 『猫絵十兵衛 御伽草紙』

長尾まる/少年画報社 NEKO PANCH COMICS
[コミック誌『ねこぱんち』に連載。単行本は2013年3月時点で6巻まで発売中]

【どんな作品?】
江戸を舞台に、ネズミ避けの猫の絵を描く猫絵師・十兵衛といつもキセルをふかしている仙人猫ニタが活躍するファンタジーコミック。十兵衛が猫絵を依頼される人々は皆、猫にまつわる数奇な運命を抱えていて……。

【榎本さんのツボ!!】
「十兵衛と仙人猫が関わっていくエピソードがどれもいいです! タイトルに『御伽草紙』とあるように、猫がからんだ不思議な話がめくるめくように展開されるのですが、江戸の人々の人情に触れるようなホッコリ心あたたまる話がたっぷり。猫もいろいろ、人と猫の関わりもいろいろ。しみじみとさせられて、いいですよ」

猫絵師は江戸時代に本当にあった職業だそうです。江戸の町をのんびりと歩きながら、猫絵を描いてほしいという人のリクエストに応えて絵を描くのが仕事。著者のあとがき漫画によれば、主人公・十兵衛のお師匠、十玄さんのモデルは浮世絵師の歌川国芳だそうです。国芳の猫絵は絶品らしいので、本書で興味をもたれた方はそちらもぜひ探してみてください。

4位 『よりぬき ぽよぽよ観察日記』

樹るう/竹書房 BAMBOO COMICS MOMO SELECTION
[コミック誌『まんがライフMOMO』『まんがライフ』『ねこパラ』などに連載。単行本『ポヨポヨ観察日記』は2013年3月時点で12巻まで発売中。本書は本編からのよりぬき版]

【どんな作品?】
見た目まんまるな猫「ポヨ」と、飼い主で「ポヨ」を溺愛する主人公の佐藤萌、家族や周囲の人々を描いた4コマ形式のマンガ。アニメ化され、テレビ東京系、キッズステーション、ニコニコ動画などでも放送中の人気作品です。公式facebookページも。

【榎本さんのツボ!!】
「猫のかわいさがギュウギュウに詰まった作品です。ポヨは、ほぼ円形のまるい体で、走って飛んでと、動く動く! 朝起きて、ご飯を食べてパトロールに出て、戻って昼寝。昼間は遊び、夜は飼い主と一緒に眠り……そんなシンプルな行動パターンながら、このモフモフな体だからすべてがかわいく見える! 主人公たちがポヨにメロメロなことにも納得。ほのぼのしたいすべての人におすすめです」

本書は前回のセレクトにもランクインした本編『ポヨポヨ観察日記』からのよりぬき版。ポヨのかわいらしさが凝縮しているので、入門編としておすすめです。TVアニメのほかDVDやゲーム、グッズも登場していて大人気のポヨ。詳しくは公式サイト「ポヨポヨ観察日記」でチェック!

5位 『片桐くん家に猫がいる』

吉川景都/新潮社 Bunch Comics Extra
[コミック誌『週刊コミックバンチ』に連載。2013年3月時点で5巻まで発売中]

【どんな作品?】
猫飼い男子・片桐くんの日常を描いたハートフルコメディ。ハツ、ミノ、ぎあらの3匹の猫と暮らす片桐くんは、仕事が終わると職場の仲間の誘いには目もくれずにまっすぐ帰宅。片桐くんのことが大好きなかわいい3匹の猫たちのお世話に明け暮れています。いつしかそこに子猫のユッケが加わり、5巻ではついに5匹目が……。

【榎本さんのツボ!!】
「ありそうでなかった猫男子コミック。猫たちは、帰宅した片桐くんに大急ぎで駆け寄って来たり、コテンとお腹を見せたり、テーブルの上で書き物をする片桐くんを並んでじっと見つめていたり、眠るときは布団に入ってきたりと、猫らしい甘えっぷり全開。猫たちに振りまわされて女の子からのアプローチにも応えられないような片桐くんの猫男子ぶりが見所です」

うるうる瞳で甘えん坊キャラのハツ、女王様キャラですぐにシナをつくるミノ、マイペースなぎあら、とキャラの立っている先住猫たち。3匹それぞれに猫らしさ満載で、いじらしくかわいらしい。ついお世話したくなる片桐くんの気持ちもわかるような、そんな描かれ方です。すべての猫男子必読!?

注目の一冊:『猫なんかよんでもこない。』

杉作/実業之日本社【コンペイトウ書房】
[2013年3月時点で2巻まで発売中]

【どんな作品?】
同居していた兄の猫をひとりで飼うハメになった、猫ギライで犬派の元ボクサー。そんな彼が日々一緒に過ごすうち、だんだんと猫たちがかわいく思えてきて……。元ボクサーの著者が、今は亡き愛猫との日々を振り返りながら描く4コマ漫画。大反響を呼んだ本当にあった猫と男の物語。

【榎本さんのツボ!!】
「猫たちと暮らす日々が、猫嫌いなうえに生活にも困っていたボクサーの生活を少しずつ変え、人生を大きく変えていく……。新聞広告での紹介をきっかけに店頭でもよく売れた作品です。今でも静かに売れ続けていますよ。タイトルも秀逸な『猫なんかよんでもこない。』。未読の方はぜひ手に取ってください!!」

初めての猫飼いの日々を淡々とつづっているように見えて、その背景には先に亡くなった猫に対する著者の大きな後悔の念が……。あとがきの一節、「あの雪の日、もしも兄貴が2匹を拾ってこなかったら、オレはたぶん、今とはちがう価値観の人間になっていた。猫など振り向きもせずに……」という言葉からも伝わってくる猫たちへの深い思い。帯には、作家・安部譲二さんも「僕はポロポロ泣きました。」というコメントを寄せています。

*  *  *

*喜久屋書店 漫画館阿倍野店の榎本さんによるセレクションはいかがでしたか?
次ページでは、MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店のベテランコミック担当者、八木さんのセレクションをご紹介!

Profile

榎本年孝さん/喜久屋書店 漫画館 阿倍野店コミック担当

「コミック担当暦十数年、最近、京都の店舗から漫画館 阿倍野店に転勤してきました。『このマンガがすごい!2013』(宝島社)にもコメントを寄せています。好きなマンガは犬マンガが多いですが、近ごろネコ派です」

「犬猫マンガ以外での今の一押しは『IPPO』1巻(えすとえむ/集英社ヤングジャンプコミックス)——22歳でキャリアはすでに10年。イタリアの祖父の工房で一人前になった一條歩(イチジョウアユム)が、東京にオーダーメイド靴専門店をオープンした。1足30万円からの歩の店を訪れるひと癖もふた癖もある客に、歩はどんな新しい一足を、そしてどんな一歩を提供できるのか? —— 今注目の1冊です!」

Shop Data

喜久屋書店 漫画館 阿倍野店

住 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアスビル西棟2階
TEL. 06-6634-8607
営 10:00〜21:00   休 不定休
HP http://www.blg.co.jp/kikuya/shops/abeno

 次は、MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店のコミック担当者・八木さんがセレクトしたいぬ&ねこ漫画をご紹介!

前のページ 次のページ

 いぬねこコレクション

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.2 関西最大級書店のコミック担当者オススメ漫画!【いぬねこコレクション】 コラム いぬねこ /collection/vj3v0g000000lxde-img/g6n2u9000000kpxb.jpg 1 コミック専門店、「喜久屋書店 漫画館」と日本最大級の書店、「MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店」のセレクト
Vol.2 関西最大級書店のコミック担当者オススメ漫画!日本を代表する文化であるマンガには、犬や猫が活躍する作品もたくさんあります。そこで、広く深くマンガを知る書店のコミック担当者に、好きな犬猫登場マンガを選んでもらい、ランキングをつけていただきました。今回は、まず関西最大級のコミック専門店、「喜久屋書店 漫画館」でコミック担当歴十数年のベテラン・榎本さんのセレクトを。そして後半は、日本最大級の vj3v0g000000lxde
facebook
twitter