「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「泌尿器官」についての回答一覧です。

部位から探す
泌尿器官

猫の泌尿器官に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい泌尿器官に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

1-10件(34件中)

並び替え

前へ

次へ

愛猫が慢性腎不全ですが、全身麻酔で歯の治療はできますか。

01

ミックス | 10歳3カ月 |

腎臓の障害の程度にもよりますが、慢性腎不全の猫に全身麻酔をかけるのは健康な猫に麻酔をかけるよりも危険だと考えられます。 多くの薬剤は、最終的に老廃物として腎臓から尿中に排泄されます。しかし、慢性腎不全…

13歳の愛猫はクレアチニンが少し高いようです。食事管理でクレアチニンを下げることはできますか。

02

… | 13歳9カ月 |

クレアチニンとは、筋肉が運動したときに出る老廃物です。健康な場合、ほとんどが腎臓から尿と一緒に排泄されます。ですからクレアチニンは腎臓に障害がある分、血液中に残ってしまい、腎臓が回復しない限り、血中…

膀胱炎の治療中です。昨日から食欲がなく、元気もありません。どうしたのでしょうか。

03

アビシニアン | 3歳11カ月 |

膀胱炎は猫にとても多い病気です。症状は頻尿、血尿、排尿困難などがあげられます。治療中とのことなのでお薬を飲まれているかと思いますが、突然食欲がなくなってしまった場合は尿道閉塞を引き起こしている可能性…

BUN、CREが高く通院点滴になったのですが、頻度は飼い主が決めてくださいと言われ困っています。どのくらいの頻度が適当なのでしょうか。

04

ペルシャ | 15歳2カ月 |

腎不全の猫は、腎臓の機能障害によって起こる脱水症状と尿毒症を緩和させるために点滴が必要になります。 腎不全になると、水を飲んでも体に水分を留めておくことができなくなり、たくさんの水分が尿として体外へ出…

愛猫は16歳で腎不全で亡くなりました。通院を頻繁にしたら長生きしたのでしょうか。

05

三毛猫 | 16歳10カ月 |

猫が腎不全になると定期的に通院して輸液をするようにすすめられます。これは、腎不全によって起こる脱水症状と尿毒症を緩和させるためです。 腎不全になると、水を飲んでも体に水分を留めておくことができなくなり…

急性腎不全による高血圧になり、失明しました。眼科の専門の動物病院で診てもらう必要があるでしょうか。

06

ミックス | 13歳1カ月 |

まずは命を守るために、腎不全の治療と高血圧の治療が最優先です。腎不全や高血圧の治療によって体調が小康状態を保っているようなら、現在の眼の機能や状態の把握と今後してあげられることについて、セカンドオピ…

猫風邪と腎不全で治療中です。インターフェロンによる治療を希望しています。

07

ミックス | 16歳1カ月 |

インターフェロン療法はウイルス疾患の治療で使用される治療法のひとつですが、その使用については主治医の判断するところになります。治療の希望について、まずはかかりつけの獣医師とよくご相談をされてみてはい…

愛猫が腎障害の治療中です。治療間隔はどのように考えるべきなのでしょうか。

08

ミックス | 19歳3カ月 |

腎不全の猫は、腎臓の機能障害によって起こる脱水症状と尿毒症を緩和させるために点滴の治療が必要になります。 腎不全になると、水を飲んでも体に水分を留めておくことができなくなり、たくさんの水分が尿として体…

12歳のミックスです。腎不全で通院していますが、ストレスになっているのではないかと心配しています。

09

ミックス | 12歳3カ月 |

猫がストレスを抱えると、多くの場合、普段と違う行動をするようになります。鳴くようになる、突然粗相をするようになる、攻撃的になる、極端に臆病になる、食欲がなくなる、毛づくろいを長時間する、動物病院から…

腎不全で点滴に通っています。帰宅したら出血していました。動物病院に連絡したほうがよいでしょうか。

10

ミックス | 3歳8カ月 | C

愛猫は、どの部分から出血しているのでしょうか。腎不全で点滴をする場合、静脈点滴で四肢の血管からする場合と、皮下点滴で首の後ろの皮膚の下にする場合があります。 点滴をしている針穴の部分から、出血したり点…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。