「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「健康管理」についての回答一覧です。

飼い方
健康管理

猫の健康管理に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい健康管理に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

41-50件(120件中)

並び替え

前へ

次へ

FIV陽性と診断されました。3種混合ワクチンをしても意味がないでしょうか。

41

ミックス | 8歳3カ月 |

3種混合ワクチンは、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫パルボウイルスの感染を予防するワクチンです。猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルスは感染率も高く、慢性的に症状を出したり、他のウイルスと一緒に…

野良猫を捕獲して避妊手術を予定しています。捕獲から動物病院に連れて行くまでの間、一時的に家で預かることになりました。家には飼い猫がいるのですが、その子とはどのように隔離したらいいでしょうか。

42

ノルウェージャンフォレストキャット | 5歳11カ月 |

一時的な預かりということであれば、捕獲器やケージに入れたままのほうがよいでしょう。野良猫はノミや感染症を持っている可能性があります。。愛猫とは完全に隔離し、野良猫のケージは別のお部屋か玄関などのスペ…

猫は食べてはいけないものは本能で分からないのでしょうか。

43

ミックス | …

猫は、苦味、酸味、旨味、塩味を感じることができます。苦味や酸味を区別できるのは、危険なものや腐ったものを判断するためだと考えられています。しかし、猫が「食べてはいけないもの」は、苦いものや酸っぱいも…

毛玉を吐く対策として、丸刈りにすると聞いたことがあります。丸刈りはかわいそうな気がするので他によい対策があれば教えてください。

44

ノルウェージャンフォレストキャット | 1歳6カ月 |

猫の被毛は、冬の寒さや、夏の暑さなど体温調節をする機能があります。また、怪我や事故など体に衝撃があったときには防御の役割をしてくれます。さらには、肌が水などに濡れないようにする、皮膚が乾燥しないよう…

ガリガリでふらふらしている野良猫を見つけました。動物病院に連れて行ったほうがいいですか。

45

ミックス |

野良猫を保護して動物病院に連れていく行為は、その野良猫に対して愛情を持って飼養する責任を負うことです。治療にかかる費用や治療後の世話などに対して、責任ある対応が求められます。それをご理解いただいたう…

嘔吐・下痢で通院中です。通院がストレスになって下痢が再発することはあるのでしょうか。

46

ミックス | 10歳6カ月 |

通院することが猫にとって大きなストレスになっているようでしたら、再び下痢を起こすことがあるかもしれません。 通院のカゴに入るときに強く抵抗する、動物病院で暴れる、帰宅後にお気に入りの場所から出てこない…

愛猫が肝炎と言われました。毎日点滴をしても大丈夫なのでしょうか。

47

ミックス | 3歳10カ月 |

肝炎の場合、食欲不振、下痢、嘔吐など消化器症状が現れることが多く、症状がよくなるまで、水分や薬を点滴しなくてはならないことがあります。点滴をする輸液剤(水分)の量は猫が必要とする一日の水分量を超える…

4歳のメス猫です。昨日、ひげが切れているのに気づきました。また生えてきますか。

48

ミックス | 4歳11カ月 |

猫にとって大切なひげが切れてしまったとのこと、心配ですよね。猫のひげはとても敏感な感覚器です。わずかな動きも感知することができ、猫にとって非常に重要な役割を持っています。また、猫の気分や感情を表す部…

うんちがお尻についてしまい、毛が絡んでいます。どのようにしてとってあげたらいいでしょうか。

49

ミックス | 7歳11カ月 |

長毛の猫ちゃんは排便したときにウンチが毛についてしまうことがあります。愛猫がおとなしくできるならとってあげたほうがいいでしょう。簡単に取れそうな場合は、毛の根元を保持して付着しているウンチをコームな…

毛玉を吐くのですが頻繁でなければ問題ないのでしょうか。

50

ノルウェージャンフォレストキャット | 1歳6カ月 |

毛玉を吐くという行動は、猫にとって異常ではありません。しかし、「吐く」と胃液や唾液など体液を失うことになりますので、猫の体に負担になります。できるだけ回数を減らしてあげたほうがいいかと思います。毛玉…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。